FX

はじめに

こんにちは、爆走ひつじです。
FXでお小遣い稼ぎにトライしてみました。

FX・証券取引のマネーパートナーズ -外為を誠実に-

お小遣い稼ぎにFX

FXはタイミングが重要なので、メインの仕事を持ちながらでは、なかなか難しいのですが、自動取引を行うことで、ほったらかしでもお小遣い稼ぎを目指しています。

 

マネーパートナーズの連続予約注文

FXトレーディング会社の1つにマネーパートナーズという会社があります。
この会社のトレーディングツールはなかなか高機能で、連続予約注文という機能があります。
以下がその説明です。ただ、この説明通りやっても駄目でしょう。ここまで意図通り値動きはないでしょうから...
コツコツ儲けることをねらう新しい注文スタイル『連続予約注文』

この機能、使いようによってはすごく強力そうです。具体的な方法は試行錯誤中ですが、次回どんな感じで試しているか説明したいと思います。
では!

 

英語学習

こんにちは、爆走ひつじです。

今日は、ペーパーバックをよみたいと思っている人に参考になる方法を紹介します。

The Da Vinci Code

The Da Vinci Code

これまでの試行錯誤

大学時代から、楽しみながら英語をマスタ一したいと考え、何度かペーパーバックにtryしていました。

喫茶店(当時はスタバなんてなかったですが(笑))で、サッとペーパーバックを取り出すのに憧れていました。

... しかし、現実は甘くなく、読まずに終わる本が積み重なってました。

社会人になって、いろいろ試行錯誤して、やっと2~3ヶ月で1冊位読めるようになってきました。

本の選び方

お薦めの本は別記しますが、なにはともあれ、読む人のレベルに合ってなければアウトです。

読んでみたい本を手に取ったら、以下の3つをやって下さい。

(1) 裏面のあらすじを読む

ここであらすじが理解できなければ、本棚に戻しましょう。

さらに、あらすじが面白くなさそうな場合も、そっと本棚に戻しましょう。

(2)ランダムにページを開いて読んでみる

ここで、そのページに書いてある事が理解できなければ、本棚に戻しましょう。

ある程度類推で、本は読めますが、途中で迷子になることも往々にしてあります。そんな場合でも

、リカバリーできるレベルかの確認です。

(3)第1章を読んでみる

ここで、読めそうだ 、面白そうだと思えたら、レジに急行しましょう。

 

読むにあたってのルール

実際に本を読む時は以下のルールに従いましょう

(1)辞書を絶対に使わない

これ絶対です。

ひたすら類推して読みます。

(2)理解できない部分は流し読み

読書100回...なんて言葉もありますが、読み進める事を最優先しましょう。

前述のランダムチェックが、ここで活きてきます。

(3)Kindleは使わない

持ち運びに便利ですが、辞書を使ってしまい、逆効果になることが多いです。

また、パーパーバックを読んでるぞ~感を味わえなくなります。

さ~、本屋さんにG O➰

iOSアプリ

こんにちは。

爆走ひつじです

最近、iPad Proを手に入れました。

いろいろ手書きアプリを比較してしましたので、参考にして下さい。

何回かに分けて紹介していきます。

まずは、国産から。

MetaMoji Note Lite

MetaMoJi Note Lite - 手書きノート&PDF注釈

MetaMoJi Note Lite - 手書きノート&PDF注釈

  • MetaMoJi Corporation
  • 仕事効率化
  • 無料

手書き入力Mazecでお馴染みの MetaMoji社の手書きアプリ。

有料のサブスクリプションサービスにより、手書き入力を後からテキストに変換できるそうです。

自由に書いた文字が対象ではなく、別売のMazecの入力欄から書いた文字が対象となるのではないかと推測します。値段高いし、びみょ~な機能だと思います😤

 

 良い点

  • 取りあえず無料で試せる

広告が表示されますが、良心的だと思います。Androidアプリでは多いのですが、iOS系では少ないですね。

イマイチな点

  •  直線が書けない。

有料版ならオートシェープの直線張り付けが、出来そうですがひと手間必要になってしまいます。

  • SpliteViewに未対応

これは致命的な欠点だと思います。何かほかの文書を参照しながら書けないなんて

ということで、Metamoji Note Liteは、未採用です。