NISA/積立てNISA/ジュニアNISA,投資信託

こんにちは、爆走ひつじです。

今年からつみたてNISAが始まりました。

これを機会に投資を始めようと考えている方のために、楽天証券つみたてNISAで、初心者向けの商品を考えてみました。

初心者の人がつみたてNISAでつまずく所

最大の悩みは、どの商品を選んで良いか分からないという事だと思います。

爆走ひつじも相談を受けて、改めて考えてみたのですが、ふと気がついたのが、単体で債権に投資する信託商品がない事です。

株式に投資する信託商品は、低コストで魅力的な商品があるのですが、さすがに株式の投資信託100%で運用するのは、変動リスクが大きいです。

“債権はつみたてNISAとは別に買って税金払ってよ”というのが、金融庁の思いかもしれませんが、初心者に対して、ハードルが高くなっているなという気がします。

という事で、つみたてNISAで、株式、債権を同時に投資できるバランス型1本で、おすすめの投資信託を考えてみました。

つみたてNISA開始前に、以前調査を行なったのですが、今回は運用実績も見ながらスクリーニングしました。

f:id:sheepX:20180204185805j:image

つみたてNISA(積立NISA)| NISA(ニーサ):少額投資非課税制度 | 楽天証券

スクリーニングの条件

ずばり以下の6条件です。

  • つみたてNISA買付可能
  • 投資対象が、株式、債権を含むバランス型であること
  • 純資産が50億円以上である事
  • 手数料なし
  • コスト(信託報酬)が1.0%以内であること
  • 分配金再投資型であること

結果の分類

前述の条件に合致するのは、22商品でした。

取れるリスクは人それぞれであるため、株式の割合に応じて分類しました。

低リスク(株式30%)

国内と外国株式を合わせて、30%としている投資信託です。

リターンは低いですが、大きく減るリスクも小さいため、老後までの運用期間が短い方向けです。

ポートフォリオの違いを比べると、ダイワと三井住友は、国内債券が55%と高めですので、変動がかなり抑えられると予想されます。

ファンド名 信託報酬 純資産(億円) シャープレシオ トータルリターン ポートフォリオ
ダイワ・ライフ・バランス30 0.1944% 122.41 2.43 8.07 国内株式20%、国内債券55%、

外国株式10%、外国債券15%

三井住友・DC年金バランス30(債券重点型) 0.2376% 85.07 2.49 7.7 国内株式20%、国内債券55%、

外国株式10%、外国債券10%、

短期金融資産5%

DCニッセイワールドセレクトファンド(債券重視型) 0.1944% 82.15 2.32 8.3 国内株式20%、国内債券45%、

外国株式10%、外国債券20%、短期金融資産5%

中リスク(株式50%)

国内と外国株式を合わせて、50%としている投資信託です。

標準的な配分なのか、純資産が大きいファンドが多いボリュームゾーンのようです。

4つのファンドを比較すると、日本株式に対する比重の置き方に違いがあります。

最も日本株式の比重が大きいのが、三井住友の35%です。

逆に、世界経済インデックスファンドは、日本株式はわずか5%で、さらにインドや中国といった新興国株式が15%です。これは、各地域のGDPを元に比率を決めているからです。全世界で見れば、日本のGDPは数パーセントなので一理あるかもしれません。答えはわかりません。

今後、日本と海外のどの地域の経済の発展に期待するかで、選ぶと良いと思います。

ファンド名 信託報酬 純資産(億円) シャープレシオ トータルリターン ポートフォリオ
三井住友・DC年金バランス50(標準型) 0.2484% 239.67 2.42 12.41 国内株式35%、国内債券35%、

外国株式15%、外国債券10%、

短期金融資産5%

DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型) 0.216% 210.71 2.35 12.58 国内株式30%、国内債券30%、

外国株式20%、外国債券15%、

短期金融資産5%

ダイワ・ライフ・バランス50 0.216% 89.42 2.42 12.3 国内株式30%、国内債券40%、

外国株式20%、外国債券10%

世界経済インデックスファンド 0.54% 544.32 2.12 16.37 国内株式5%、国内債券5%、

外国株式30%、外国債券30%、

新興国株式15%、新興国債券15%

 

高リスク(株式70%)

国内と外国株式を合わせて、70%としている投資信託です。

変動は大きいですがリターンも期待できるポートフォリオですので、老後まで時間がある若い方や資産に余裕がある方向けです。

国内重視であれば、三井住友・ダイワ、海外重視であれば、DCニッセイでしょうか。

ファンド名 信託報酬 純資産(億円) シャープレシオ トータルリターン ポートフォリオ
三井住友・DC年金バランス70(株式重点型) 0.2592% 125.5 2.38 17.28 国内株式50%、国内債券15%、

外国株式20%、外国債券10%、

短期金融資産5%

ダイワ・ライフ・バランス70 0.2376% 58.31 2.38 17.1 国内株式45%、国内債券20%、

外国株式25%、外国債券10%

DCニッセイワールドセレクトファンド(株式重視型) 0.2376% 113.89 2.35 16.95 国内株式40%、国内債券15%、

外国株式30%、外国債券10%、短期金融資産5%

中高リスク

株式、債権に加え、リート(不動産)にも投資するタイプです。

ファンド名 信託報酬 純資産(億円) シャープレシオ トータルリターン ポートフォリオ
eMAXISSlimバランス(8資産均等型) 0.2268% 87.27 --- --- 国内株式、国内債券、国内REIT、

外国株式、外国債券、外国REIT、

新興国株式、新興国債券に12.5%ずつ

iFree 8資産バランス 0.2376% 65 1.95 11.09 国内株式、国内債券、国内REIT、

外国株式、外国債券、外国REIT、

新興国株式、新興国債券に12.5%ずつ

野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型 0.54% 63.24 2.04 7.07 ・国内と外国の株式、REITに 16.5%ずつ

・国内、外国、新興国の債券に11.0%ずつ

最後に

爆走ひつじは、4つの投資信託を組み合わせて、毎月つみたて投資を行っています。

リバランスは毎年1回行っていますが、意外と面倒になってきたのと、リバランスの度に「ポートフォリオは本当にこれで良いのか?」と毎回悩む(考えるのが楽しくなってしまう)ので、バランス型1本にできたら良いなと思う時もあります。

今回の調査で、1本で放ったらかしも行けるなという感触を得たことから、少し考えてみたいと思っています(結局考えるのが好きなだけかも)。

また、よろしくです❗️

※投資する際は必ず、投資対象ファンドの目論見書、運用レポートに目を通し、ご自身の判断で投資を行ってください。

blog.sheepx.biz

NISA/積立てNISA/ジュニアNISA,投資信託

こんにちは、爆走ひつじです。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」が発表されたので、チェックしてみました。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017

f:id:sheepX:20180114173959j:plain

結果

10位までの結果は以下の通りです。

2017年は、つみたてNISAに向けに各証券会社が、新規にファンドを用意したこともあり初登場が5つもあります。

「Found of the Year」の投票期間が11月中であったことを考慮すると、投票時点で運用実績や純資産がまだ十分でない状態のファンドがランクインしたのは、これらが既存の人気ファンドやETFをベースにした投資信託ファンドであることへの期待からなのだと見ています。

順位 ファンド名 2016順位
第1位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
第2位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 第1位
第3位 楽天・全米株式インデックス・ファンド
第4位 野村つみたて外国株投信
第5位 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
第6位 ひふみ投信 特別賞
第7位 eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
第8位 たわらノーロード先進国株式 第2位
第9位 Vanguard Total World Stock ETF(VT) 第3位
第10位 iFree S&P500インデックス 第4位

第10位までには、日本株式だけに投資するファンドはひふみ投信だけで、全世界(新興国を含む)やアメリカの中小企業を含めた株式に投資するファンドになっています。

さらに言うなら、アクティブ型もひふみ投信だけで、残りはインデックス型と、現在の主流を反映した順位だと言えます。

逆に言うと、ひふみ投信健闘してるなと思います。

ということで、「爆走ひつじFound of the Year2017」を差し上げたいと思います。

… そんな賞はいらない。

… はい。

 

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 」について

2017年の有効投票者数は、198名です。

意外と少ないな〜というのが正直な感想です。

投票資格があるので、誰でも投票できるわけではないからでしょうか。

特に2番目の、条件は非常に気になります。

 投票資格

  • “投信ブロガー”であること。2017年9月30日までにブログを開始していること。
  • 投信ブロガーか否かの判断は運営委員会が行います。

爆走ひつじも来年投票してみたいと思うのですが、“投信ブロガー”として、認めてもらえるのでしょうか……

今から、精進して行きたいと思います。

また、よろしくです❗️

NISA/積立てNISA/ジュニアNISA

こんにちは、爆走ひつじです。

前回に引き続き、楽天証券のつみたてNISA商品を比べて行きたいと思います。

バランス型は、自動的にリバランスを行ってくれることから、ほったらかしにしておくには便利なタイプです。

f:id:sheepX:20171104184112j:image

8資産均等型

 eMAXIS Sでおなじみとなった8資産均等型です。今では、複数のファウンドから低コストで出ています。

eMAXISオリジナルのファンド以外は、信託報酬が0.2376%と低く抑えられており、かつ信託財産留保も設定されていません。SBI証券と比べると三菱UFJ国際投信が無かったりしますが、これだけそろっていれば、充分でしょう。

委託会社 ファンド名 信託報酬 信託財産留保額
三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 0.2376% -
大和証券投資信託委託 iFree 8資産バランス 0.2376% -
アセットマネジメントOne たわらノーロード バランス(8資産均等型) 0.2376% -
三菱UFJ国際投信 eMAXIS バランス(8資産均等型) 0.54% 0.15%

任意バランス型

正直、8資産均等型と比べると、凄く低コストという感じなのは少ないです。

SBI証券と比べても、少しバリエーションが少ないです。今後、徐々に低コスト商品が追加されていくことを期待したいです。

「eMAXIS 最適化バランス」シリーズは、(最大)8資産を均等ではなく、リスクが取れる具合に最的化した商品です。リスク(攻め具合)をサッカーのポジョンに例えて、若い世代に親近感を持ってもらう作戦でしょうか。

前述の8資産均等型は、他のファンドと組み合わせて好みのポートフォリオを組む必要がありますが、このシリーズは(自分に合ったポートフォリオが見つかれば)その1本を買い続けるだけでリバランスの手間は不要です。信託報酬が0.54%と悪くなさそうですが、ポジョンによっては、純資産が数億円とこれから順調に増えていくかを見極めてからが良いでしょうね。

委託会社 ファンド名 信託報酬 信託財産留保額
三井住友アセットマネジメント 三井住友・DC年金バランス30(債券重点型) 0.2376% -
三井住友アセットマネジメント 三井住友・DC年金バランス50(標準型) 0.2484% -
三井住友アセットマネジメント 三井住友・DC年金バランス70(株式重点型) 0.2592% -
ニッセイアセットマネジメント <購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型) 0. 3672% -
三菱UFJ国際投信 eMAXIS バランス(4資産均等型) 0.54% -
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 最適化バランス(マイゴールキーパー) 0.54% -
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 最適化バランス(マイディフェンダー) 0.54% 0.05%
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 最適化バランス(マイミッドフィルダー) 0.54% 0.05%
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 最適化バランス(マイフォワード) 0.54% 0.05%
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 最適化バランス(マイストライカー) 0.54% 0.05%
三井住友トラスト・アセットマネジメント 世界経済インデックスファンド 0.54% 0.10%
野村アセットマネジメント 野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型 0.54% 0.20%
野村アセットマネジメント 野村インデックスファンド・海外5資産バランス 0.648% 0.20%
損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント ハッピーエイジング・ファンド ハッピーエイジング 40 1.3824% -
損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント ハッピーエイジング・ファンド ハッピーエイジング 30 1.566% -

 

最後に

ざっと楽天証券のNISA商品をチェックしてきました。

SBI証券も楽天証券もこれから取り扱い商品が増えていくと思いますが、SBI証券の方が若干取り扱い商品が多いかなと印象です。とはいえ、定版商品は揃っており、どちらの証券会社を選んでも困ることはなさそうです。

楽天証券は、楽天ポイントで投資が出来たりして、SBI証券にはない利点があるので、この辺りもチェックして行きたいと思います。

また、よろしくです❗️

過去の記事もどうぞ。

blog.sheepx.biz

blog.sheepx.biz

blog.sheepx.biz

blog.sheepx.biz

blog.sheepx.biz

NISA/積立てNISA/ジュニアNISA

こんにちは、爆走ひつじです。

今回も、前回に引き続いて、楽天証券のつみたてNISA商品をチェックして行きたいと思います。

海式株式に投資している商品を分類し、コスト(信託報酬、信託財産留保)の観点で、比較していきます。

f:id:sheepX:20171028221517j:image

先進国株式

まずは、先進国です。

SBI証券と比べて大差はなく、iFree、eMAXIS Slim、たわらノーロードシリーズが揃っており、信託報酬は0.2%代からです。

この辺りは、無難な1本ですね。

委託会社 ファンド名 信託報酬 信託財産留保額
三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 0.2052% -
大和証券投資信託委託 iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジあり) 0.2052% -
大和証券投資信託委託 iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジなし) 0.2052% -
ニッセイアセットマネジメント <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 0.216% -
アセットマネジメントOne たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり> 0.243% -
アセットマネジメントOne たわらノーロード 先進国株式 0.243% -
三井住友トラスト・アセットマネジメント SMT グローバル株式インデックス・オープン 0.54% 0.05%
野村アセットマネジメント 野村インデックスファンド・外国株式 0.594% -
野村アセットマネジメント 野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型 0.594% -
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 先進国株式インデックス 0.648% -

先進国ローカル

米国や欧州など、ある地或に絞った投資信託です。SBI証券を調べたときは先進国株式に分類しましたが、楽天証券は扱っている種類が多かったので別枠にしました。

楽天証券は、この辺りの選択肢が多いのが嬉しいですね。

「S&P500インデックス」は、投資の神様のバフェット氏が、一般の人はこのベンチマークに沿って買えば良いと言及してましたっけ。

委託会社 ファンド名 信託報酬 信託財産留保額
楽天投信 楽天・全米株式インデックス・ファンド 0.1696% -
フィデリティ投信 フィデリティ・米国優良株・ファンド 1.6092% -
フィデリティ投信 フィデリティ・欧州株・ファンド 1.62% -
大和証券投資信託委託 iFree S&P500インデックス 0.243%  -

新興国

成長が見込まれる新興国です。新興国に投資する商品は、信託財産留保が設定されていることが多いですが、eMAXIS Slim やiFreeは、設定されていないことに注目です。

両者は、信託報酬も、0.3672%と低コストなので、新興国株式に投資したい場合はこの2本でしょう。

委託会社 ファンド名 信託報酬 信託財産留保額
三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 0.3672% -
大和証券投資信託委託 iFree 新興国株式インデックス 0.3672% -
アセットマネジメントOne たわらノーロード 新興国株式 0.5346% 0.30%
三井住友アセットマネジメント 三井住友・DC新興国株式インデックスファンド 0.6048% -
野村アセットマネジメント 野村インデックスファンド・新興国株式 0.648% 0.30%
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 新興国株式インデックス 0.648% 0.30%
三井住友トラスト・アセットマネジメント SMT 新興国株式インデックス・オープン 0.648% 0.30%

全世界

先進国、新興国まとめて投資する商品です。

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」と「三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド」は、信託財産留保が設定されておらず、かつ、信託報酬も0.2%代と低コストとなっており、素晴らしいです❗️

ただ、新しい商品は、純資産がまだ5.4億円と、目安となる30億円には届いていないので、純資産の遷移には注意が必要です。

委託会社 ファンド名 信託報酬 信託財産留保額
楽天投信 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 0.2396% -
三井住友アセットマネジメント 三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド 0.27% -
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 全世界株式インデックス 0.648% 0.05%

 

最後に

世界株式に投資する商品は、楽天証券は内容的に素晴らしい商品があり、バリエーションも豊富で魅力的です。

ひょっとしてと思い、SBI証券のつみたてNISA予定を確認すると、幾つか追加されており、楽天投信の「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」と「楽天・全米株式インデックス・ファンド」も追加されていました。(^^)

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

爆走ひつじは、NISA口座を現在、SBI証券で保有していますが、楽天証券のラインナップを見て、楽天証券に移そうかと一瞬悩んでしまったので嬉しい反面、常に最新情報をチェックしないといけないという大変さを感じてしまいました。

気を取り直して、次はバランス型もチェックしたいと思います。

関連記事もどうぞ。

blog.sheepx.biz

blog.sheepx.biz

blog.sheepx.biz

NISA/積立てNISA/ジュニアNISA

こんにちは、爆走ひつじです。

爆走ひつじは、SBI証券でNISA口座を開いていますが、最近、コスト、品揃えの点で楽天証券が気になっています。

今回は、楽天証券のつみたてNISA商品を調べてみました。

SBI証券と比べてバリエーションが豊富なので、チェックが必要です。

f:id:sheepX:20171028171708j:image

 日経平均255インデックス

まずは、ベーシックな日経平均255インデックスです。

信託報酬が、0.2% を切る投資信託も2本あり、全体的に低コストファンドがそろっています。

iFreeは、低コストファンドで有名ですね。

委託会社 ファンド名 信託報酬 信託財産留保額
大和証券投資信託委託 iFree 日経225インデックス 0.1836% -
ニッセイアセットマネジメント <購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド 0. 1944% -
アセットマネジメントOne たわらノーロード 日経225 0.2106% -
ニッセイアセットマネジメント ニッセイ日経225インデックスファンド 0.27% -
三井住友トラスト・アセットマネジメント SMT 日経225インデックス・オープン 0.3996% -
野村アセットマネジメント 野村インデックスファンド・日経225 0.432% -
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 日経225インデックス 0.432% -

日経400インデックス

日経平均255より、幅広く投資します。信託報酬は、日経平均255よりは若干上がりますが、低コストファンドがそろっています。

ここでも、iFree、ニッセイアセットが強いですね。

委託会社 ファンド名 信託報酬 信託財産留保額
大和証券投資信託委託 iFree JPX日経400インデックス 0.2106% -
ニッセイアセットマネジメント <購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド 0.2106% -
三井住友トラスト・アセットマネジメント SMT JPX日経インデックス400・オープン 0.3996% -
三菱UFJ国際投信 eMAXIS JPX日経400インデックス 0.432% -
野村アセットマネジメント 野村インデックスファンド・JPX日経400  0.432% -

Topix

信託報酬が、0.2%を切るファンドが5本と充実しています。

信託財産留保がかかる2本は、名前の通りオープンエンド型ですが、他のファンドもオープンエンド型である事を考えると、選択する理由が分からないです。

委託会社 ファンド名 信託報酬 信託財産留保額
三井住友アセットマネジメント 三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド 0.1728% -
三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slim 国内株式インデックス 0.1836% -
大和証券投資信託委託 iFree TOPIXインデックス 0.1836% -
ニッセイアセットマネジメント <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド 0.1944% -
アセットマネジメントOne たわらノーロード TOPIX 0.1944% -
三井住友トラスト・アセットマネジメント SMT TOPIXインデックス・オープン 0.3996% 0.05%
野村アセットマネジメント 野村インデックスファンド・TOPIX 0.432% -
三菱UFJ国際投信 eMAXIS TOPIXインデックス 0.432% -
ニッセイアセットマネジメント ニッセイTOPIXオープン 0.54% 0.30%

日本株式アクティブ

アクティブファンドです。信託報酬が、高くても1.1%と低く抑えられています。

表には載せていませんが、ひふみプラスは純資産が3100億円以上で、ほぼ単調増加しており、安心感のあるファンドだと改めて感じました。

委託会社 ファンド名 信託報酬 信託財産留保額
日興アセットマネジメント 年金積立 Jグロース 0.8856% -
レオス・キャピタルワークス ひふみプラス 1.0584% -
コモンズ投信 コモンズ30ファンド 1.0584% -
ニッセイアセットマネジメント ニッセイ日本株ファンド 1.08% -

 

最後に

SBI証券と同一商品を比較してみると、iFreeシリーズや、たわらノーロードシリーズで、楽天証券が、若干高い(0.006%~0.044%)所があります。

ただ、ひふみプラスなど、アクティブファウンドの取り扱いもあり、バリエーションは豊富な印象です。

もちろん、コストを考えると低コストのインデックスファウンドをメインにすべきですが...

また、信託財産留保が設定されている投資信託が一部あったのは驚きでした。名前に「オープン」がついているので「オープン・エンド型」なのでしょうが、大半の投資信託は、1日1回基準価額か決まるので「オープン・エンド型」だと思うのですが違いが良く理解できていないです。敢えて、これらの信託財産留保が設定されている投資信託を選ぶ理由は無いように思います。

今後、海外株式やバランスファウンドもチェックして行きたいと思います。

またよろしくです❗️

関連記事もどうぞ。

blog.sheepx.biz

blog.sheepx.biz

blog.sheepx.biz

 

NISA/積立てNISA/ジュニアNISA

こんにちは、爆走ひつじです。

意外と知られていませんが、これまでのNISAから、つみたてNISAへの切り替えには手続きが必要です。

手続き

NISA口座を開いている証券会社のホームページから切り替え申請を行います。

SBI証券では、ログインして、『NISA つみたてNISA』のページに行きます。

「NISA 」から「つみたてNISA」への切り替えをクリックして手続きを行います。

f:id:sheepX:20171028162640j:image

...オンラインでは、手続きは完了せず、「勘定変更依頼書」が送られてきます。

2日ぐらいで来ると思ってましたが、1週間ぐらいかかりました。

この依頼書に記入して返送すると、つみたてNISAへの切り替えが完了します。

f:id:sheepX:20171025223022j:image

 

最後に

「勘定変更依頼書」自体は、難しい書類ではないので、5分もあれば書けてしまうレベルです。

ただ、書類を取り寄せたり、送り返したりする時間を考えると2 ~ 3週間みておくと安心です。

年末はいろいろイベントも盛り沢山ですし(^^)

そういえば、ふるさと納税も、今年度分急がねば!

またよろしくです❗️

NISA/積立てNISA/ジュニアNISA

こんにちは、爆走ひつじです。

前回に引き続き、SBI証券のつみたてNISA商品を比較してみます。

今回は、バランス型商品です。

利益を増やすには定期的なリバランスが必要ですが、一部とはいえリバランスで売却してしまうと、長期間という、つみたてNISAの利点が少しだけ無駄になってしまいます。

そういった意味で、自動的にリバランスしてくれる、バランス型商品を軸にしたいと考えています。

f:id:sheepX:20171015132814j:image

8資産均等型

eMAXIS8資産均等型に代表される、8資産均等型です。

国内の株式、債券、先進国の株式、債券、新興国の株式、債券に加え、国内、先進国のリートに、同じ比率(12.5%)で投資します。

最初聞いた時は、何それ?って感じでしたが、1本で幅広いクラスに投資できることから人気があります。

eMAXISは、オリジナル商品と、後から出たSlimシリーズが載っていますが、これから始まるつみたてNISAで、信託報酬が高くかつ、信託留保がかかるオリジナル商品を選ぶ人がいるのかです。

恐らく、誤りだと思います。

0.2%の非常に低く抑えられた商品が4本あり、詳しく調べたい候補です。

委託会社 ファンド名 信託報酬(税込)
三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 0.2376%以内
アセットマネジメントOne たわらノーロードバランス(8資産均等型) 0.2376%以内
三菱UFJ国際投信 つみたて8資産均等バランス 0.24%
大和証券投資信託委託 iFree 8資産バランス 0.24%
三菱UFJ国際投信 eMAXIS バランス(8資産均等型) 0.54%以内
三井住友トラスト・アセットマネジメント SMT 8資産インデックスバランス・オープン 0.54%

 4資産均等型

国内の株式、債券、先進国の株式、債券の基本の4クラスに均等投資します。

3本しかなく、0.2%代は1本と、8資産均等型と比べ、信託報酬が高めな印象です。

委託会社 ファンド名 信託報酬(税込)
三菱UFJ国際投信 つみたて4資産均等バランス 0.24%
ニッセイアセットマネジメント <購入・換金手数料なし>ニッセイインデックスバランスF 4資産均等型 0.3672%以内
三菱UFJ国際投信 eMAXIS バランス(4資産均等型) 0.54%以内

 X資産均等型

5、6、7資産均等型です。リートや新興国向けは、不要、または、減らしたいという人向けです。野村アセットマネジメントの商品展開表になっています。6資産均等型は0.24%ですが、それ以外はちょっと高めです。

委託会社 ファンド名 信託報酬(税込)
野村アセットマネジメント 野村インデックスファンド・海外5資産バランス(愛称:Funds-i海外5資産バランス) 0.648%以内
野村アセットマネジメント 野村6資産均等バランス 0.24%
野村アセットマネジメント 野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i内外7資産バランス・為替ヘッジ型) 0.54%以内

その他バランス型

その他と分類してしまいましたが、自分のポートフォーリオに合った1本を選んで積み立てて行くという意味で、つみたてNISAでは中核と言ってよい商品群です。

三井住友アセットマネジメントが、0.2%代の商品を充実させています。

個人的には、名前から海外資産に幅広く投資していると考えられる、『 三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド』は、もう少し調べたい商品です。

委託会社 ファンド名 信託報酬(税込)
三井住友アセットマネジメント 三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド 0.23%
三井住友アセットマネジメント 三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)(愛称:マイパッケージ) 0.24%
三井住友アセットマネジメント 三井住友・DC年金バランス50(標準型)(愛称:マイパッケージ) 0.25%
三井住友アセットマネジメント 三井住友・DC年金バランス70(株式重点型)(愛称:マイパッケージ) 0.26%
三井住友アセットマネジメント 三井住友・DCターゲットイヤーファンド2040(4資産タイプ) 0.4536%以内
三井住友アセットマネジメント 三井住友・DCターゲットイヤーファンド2045(4資産タイプ) 0.4536%以内
三井住友トラスト・アセットマネジメント SMT 世界経済インデックス・オープン(債券シフト型) 0.49%
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 最適化バランス(マイゴールキーパー) 0.54%以内
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 最適化バランス(マイディフェンダー) 0.54%以内
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 最適化バランス(マイミッドフィルダー) 0.54%以内
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 最適化バランス(マイフォワード) 0.54%以内
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 最適化バランス(マイストライカー) 0.54%以内
三井住友トラスト・アセットマネジメント SMT 世界経済インデックス・オープン 0.54%
三井住友トラスト・アセットマネジメント SMT 世界経済インデックス・オープン(株式シフト型) 0.59%

 

最後に

冒頭で書きましたが、つみたてNISAでは、長期間にわたる投資であることから、リバランスは、利益を最大化する上で重要となります。バランス型商品は、自動的にリバランスを行ってくれるため、手間がかからないだけでなく、NISA枠を無駄に消費することも避けられるという利点があります。

そういった意味で、重要な商品です。

以外と8資産均等型が、充実していたのが印象約でした。資産均等型はこの商品を軸に好みの資産割合を実現しやすいという利点もありますので、爆走ひつじも注目しています。

またよろしくです❗️

以前の記事もどうぞ。

blog.sheepx.biz

blog.sheepx.biz

NISA/積立てNISA/ジュニアNISA

こんにちは、爆走ひつじです。

前回に引き続き、SBI証券のつみたてNISA商品を比較してみました。

どの国にどれぐらいの割合いで、投資しているかが、気になりますが、まだ情報がありませんので、まずは、信託報酬を比較してみました。

f:id:sheepX:20171014172657j:image

全世界株式

長期で保有することを考えると、先進国だけでなく、新興国まで組み入れた全世界に投資する商品を優先して考えたいと思っていますが、選択肢はあまり多くありません。

また、新興国株式をある程度含むため、信託報酬は、若干高めで、0.5%以上がほとんどです。

三井住友アセットマネジメントの商品だけ低くおさえられてあり、組み入れ株式の構成比は、是非チュックしたいと思っています。

委託会社 ファンド名 信託報酬(税込)
三井住友アセットマネジメント 三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド 0.27%
ステート・ストリート 全世界株式・インデックスファンド 0.52%
三井住友トラスト・アセットマネジメント SMT グローバル株式インデックス・オープン 0.54%
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 全世界株式インデックス 0.648%以内

先進国株式

好調なNYダウをみると過熱感がある先進国株式ですが、まだまだ伸びていくのでしょうか?

信託報酬は低目で、0.2%代が多いです。

個人的には、まだ伸び代(のびしろ)が大きいと考えられる、中小株の組み入れ比率をチェックしたいと考えています。

委託会社 ファンド名 信託報酬(税込)
三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 0.2052%以内
三菱UFJ国際投信 つみたて先進国株式 0.22%
三菱UFJ国際投信 つみたて先進国株式(為替ヘッジあり) 0.22%
大和証券投資信託委託 iFree S&P500インデックス 0.24%
アセットマネジメントOne たわらノーロード先進国株式 0.24%
アセットマネジメントOne たわらノーロード先進国株式<為替ヘッジあり> 0.24%
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 先進国株式インデックス 0.648%以内

新興国株式

リスクは大きくなりますが、成長が期待できる、新興国株式もある程度組み入れておきたいと考えています。信託報酬は0.3%代もあり、以外と低いです。

信託留保(売却時に差し引かれる)が、設定されている可能があるので、今後、チェックしていきたいと思います。

委託会社 ファンド名 信託報酬(税込)
三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 0.3672%以内
三菱UFJ国際投信 つみたて新興国株式 0.37%
大和証券投資信託委託 iFree 新興国株式インデックス 0.37%
アセットマネジメントOne たわらノーロード新興国株式 0.53%
三井住友アセットマネジメント 三井住友・DC新興国株式インデックスファンド 0.60%
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 新興国株式インデックス 0.648%以内
野村アセットマネジメント 野村インデックスファンド・新興国株式(愛称:Funds-i新興国株式) 0.65%
三井住友トラスト・アセットマネジメント SMT 新興国株式インデックス・オープン 0.65%

 外国株式(リージョン不明)

おそらく先進国株式中心だと思いますが、投資信託商品名から判断できなかった商品です。

0.2%代が多く、先進国株式と同じ傾向です。

委託会社 ファンド名 信託報酬(税込)
三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 0.2052%以内
三菱UFJ国際投信 つみたて先進国株式 0.22%
三菱UFJ国際投信 つみたて先進国株式(為替ヘッジあり) 0.22%
大和証券投資信託委託 iFree S&P500インデックス 0.24%
アセットマネジメントOne たわらノーロード先進国株式 0.24%
アセットマネジメントOne たわらノーロード先進国株式<為替ヘッジあり> 0.24%
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 先進国株式インデックス 0.648%以内

最後に

リバランスが不要なバランス型(次回比較予定)をベースにしたいと思っていますが、海外株式の割合を多くしたいと考えており、海外株式の商品も組み入れる予定です。

先進国の中小株、新興国株式の信託留保の設定なども、チェックして決めて行きたいと思っています。

もう、10月中旬ですね。あ~、だんだん時間がなくなってきた。

またよろしくです❗️

過去の関連記事もどうぞ

blog.sheepx.biz

NISA/積立てNISA/ジュニアNISA

こんにちは、爆走ひつじです。

つみたてNISAが、来年の1月から始まります。それに向けて、どの商品を積み立てていくかを決めなければいけません。

以下は、SBI証券の商品予定のURLですが、とにかく沢山あります❗️

正直、リスト見てるだけで、辞めようかと思ってしまいます。

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

つみたてNISAのような長期投資で重要なのは、継続的にかかるコスト(信託報酬)です。まずは、これを比較するのが第1歩です。

ということで、まずは、日本株式について、比較してみました。

ベンチマークとしているインデックスで分整していますが、ファンド名で判断できないのは、別表にしてあります。

f:id:sheepX:20171009182405j:image

 日経平均225インデックス

iFree、たわらノーロード、ニッセイは、通常の投資信託商品でも、低価格で有名ですが、つみたてNISAでも、かなり低コストに抑えられています。

0.2%を切っていれば、安いと言えます。

ニッセイ日経平均インデックスファンドは、名前から日経平均225であるかは、確定できませんが、可能性が高いので取りあえず、ここに入れています。

委託会社 ファンド名 信託報酬(税込)
大和証券投資信託委託 iFree 日経225インデックス 0.18%
三菱UFJ国際投信 つみたて日本株式(日経平均) 0.19%
ニッセイアセットマネジメント <購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド 0.1944%以内
アセットマネジメントOne たわらノーロード日経225 0.21%
ニッセイアセットマネジメント ニッセイ日経225インデックスファンド 0.27%
三井住友トラスト・アセットマネジメント SMT 日経225インデックス・オープン 0.40%
野村アセットマネジメント 野村インデックスファンド・日経225(愛称:Funds-i日経225) 0.43%
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 日経225インデックス 0.432%以内

TOPIXインデックス

日経平均と同じ傾向です。

0.2%を切っていれば、安いと言えます。

委託会社 ファンド名 信託報酬(税込)
大和証券投資信託委託 iFree TOPIXインデックス 0.18%
三菱UFJ国際投信 つみたて日本株式(TOPIX) 0.19%
アセットマネジメントOne たわらノーロードTOPIX 0.19%
ニッセイアセットマネジメント <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド 0.1944%以内
三井住友トラスト・アセットマネジメント SMT TOPIXインデックス・オープン 0.40%
野村アセットマネジメント 野村インデックスファンド・TOPIX(愛称:Funds-iTOPIX) 0.43%
三菱UFJ国際投信 eMAXIS TOPIXインデックス 0.432%以内
ニッセイアセットマネジメント ニッセイTOPIXオープン 0.54%

 

日経400インデックス

iFreeは、ここでも健在です。

他のインデックスより選択肢は少なくなっています。

0.2%代が、最安といった所です。

委託会社 ファンド名 信託報酬(税込)
大和証券投資信託委託 iFree JPX日経400インデックス 0.21%
ニッセイアセットマネジメント <購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド 0.2106%以内
三井住友トラスト・アセットマネジメント SMT JPX日経インデックス400・オープン 0.40%
野村アセットマネジメント 野村インデックスファンド・JPX日経400(愛称:Funds-iJPX日経400) 0.43%
三菱UFJ国際投信 eMAXIS JPX日経400インデックス 0.432%以内

インデックス不明

恐らく、日経平均225だと思うですが...

委託会社 ファンド名 信託報酬(税込)
三井住友アセットマネジメント 三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド 0.17%
野村アセットマネジメント 野村つみたて日本株投信 0.18%
三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slim 国内株式インデックス 0.1836%以内

比較してみて

意外と商品によって差があります。

完全な横並びではなく、おおよそ2つの帯域に分かれています。

今後、各商品の説明がでてきたら分折して行きたいと思います。

またよろしくです❗️

過去の関連記事もどうぞ

blog.sheepx.biz

NISA/積立てNISA/ジュニアNISA

こんにちは、爆走ひつじです。

最近、つみたてNISAに向けてムダな出費を抑えるべく、保険の見直しを行いました。

いろいろ学ぶことも多かったので、これから医療・生命保険の契約を考えている人の参考になればと思います。

f:id:sheepX:20171009125228j:image

その保険必要ですか?

いきなり疑問形です。

社会人になると、幾度となく保険を勧誘されることは多いと思います。自動車保険や火災保険は、ともかく、人によって差が大きいのが、医療・生命保険でしょう。

保険のセールスの人は、「若いうちのほうが良いですよ」、「家族のためにも」と言葉たくみに、漠然とした不安を語ってきます。

そもそもどんな時に必要?

突発的な入院・手術費用、生活費用を埋め合わせるのに必要です。

逆に言えば、ある程度蓄えができてきたら、医療・生命保険は薄くしていくべきです。

浮いた分を自分自身で運用して増やすことにより、より大きな安心につながります。

 

見直しがしやすい保険の契約方法

ズバリ、10年~15年ぐらいの短期間で契約をすることです。生命保険の場合、途中で解約すると損します。

徐々に自分自身での運用に切り替えていくことや、ライフスタイルの変化を考えると、絶対に定年まで長期間で契約を組んではいけません

手厚い保障が必要な期間は、短期間の契約を併用する方法を採るべきです。

つみたてNISAに向けて

爆走ひつじ家では、爆走ひつじ本人の契約する保検は、整理ができていた状態ですが、家族が既に契約し、それぞれで支払っている分は、充分把握ができていませんでした。

以前のブログで、つみたてNISAを家族でトライするために、今回、保険の見直しを行いました。

1つ1つ契約内容を確認し、続ける契約と解約する契約の吟味を行いました。

掛け捨て型の医療保険の判断はそれほど悩みませんでしたが、積み立て型の生命保険は、正直、返金率が、ここまで低いとは思いませんでした。

やはり長期で保険を契約するのは、できるだけ避けるべきだと改めて感じました。

何とか整理がつき、固定の支出を抑え、運用に資金をまわし易い状態にできたと思っています。

今後は、

つみたてNISAで、どのようなポートフォリオを組むかを研究して行きたいと思います。

またよろしくです❗️

過去の関連記事もどうぞ。

blog.sheepx.biz

blog.sheepx.biz