ポイントサービス

はじめに

こんにちは、爆走ひつじです。
7月21日から、SBI証券でTポイントが利用できるようになりました。
これからは、Tポイントで溜めたり、Tポイントで投資をすることも可能になります。

SBIポイントをTポイントに交換

これまで溜めてきた、使い道のないSBIポイントをTポイントに交換ができます。

SBIポイントのサイトで、「ポイントを使う」-「他のポイントに交換する」ー「Tポイントに交換」に行きます。

file

交換は、500ポイント以上、100ポイント単位です。
注意点として、Tポイントに交換するには、Yahoo! JapanIDが必要です。

file

Tポイントを使って投資

Tポイントを使って投資することも可能です。
注文入力画面で、ポイント利用が指定できるようになりました。
この辺りは、楽天証券と同じ操作感です。
file

 

最後に

SBI証券でTポイントが利用できるようになって本当に良かったです。
楽天証券で、楽天ポイントが使えるのが魅力的なのでメインを楽天証券にしようかと考えていましたが、少し様子見です。
ただ、Tポイントはファミマ、ドトールなど、溜めたり、使えたりする加盟店が減っている状況で少し心配ですが...
SBIポイントがたまっている方は是非参考にしてください。

ポイントサービス

こんにちは、爆走ひつじです。

最近楽天スーパーポイントを貯めていますが、このポイントを使って、楽天証券で投資信託を購入してみましたので、共有したいと思います。

blog.sheepx.biz

ポイントで購入する方法

実は、結構簡単です。

買い注文をする際、買付金額指定欄の下の“ポイント利用”ボタンを展開します。

初めて利用する際は、“楽天スーパーポイント”の所が未設定人っています。

リンクをクリックすると、楽天会員IDが楽天証券のシステム上の紐付けを行うための、確認がされますので、”承認“すると設定完了です。

買付の際、ポイント指定をポイントの一部を使ったり、預金と併用して使うこともできます。

f:id:sheepX:20180210134308j:image

つみたてNISAでの利用

現時点ではできません。

楽天証券のHPには、2018年春ごろから使えるというアナウンスがありますので、もう少し待つ必要があります。

つみたてNISAの申込み受付中!2018年以降のNISA口座お手続きについて | 楽天証券

f:id:sheepX:20180210135831j:image

 

最後に

日々の買い物で、ポイントが溜まっていきますが、使い所がなかなかなくて無駄に捨ててしまったり、ポイントを使うためにいらないものを買うこともあると思います。

ポイントで何か買いたいものがない場合、将来に向けて少額ながら投資に回せるというのは、嬉しいサービス連携だと思います。

原資はポイントなので、少々リスクが高い投資に回しても、気が楽ですし。

手元に楽天スーパーポイントがあって、使い道に困っている人は是非参考にしていただければと思います。

またよろしくです!

 

ポイントサービス

こんにちは、爆走ひつじです。

楽天証券では、楽天スーパーポイントで投資信託などの買い付けが可能です。

楽天スーパーポイントは、楽天クレジットカードで貯まりますが、無料の楽天ポイントカードを特定のお店で会計の際に提示してももらえます。

といっても、爆走ひつじがあまり行く機会がないお店が多いのですが、たまにコーヒーを飲む程度で行くマックでも対応していることが分かりましたので、早速試してみました。

楽天ポイントカードの入手

そもそもどこで配布してるのかと思っていたのですが、マックにも置いてありました。

会計の際に、お代と一緒に店員さんにカードを渡すと、ポイントをつけてくれます。

マックのプレミアムローストSサイズ(100円)だと1ポイントつきましたので、1%分つくようです。

f:id:sheepX:20180106164033j:image

f:id:sheepX:20180106165756j:image

 

最後に

楽天スーパーポイントなので、ポイントの使い道は投資商品でなくても良いのですが、捨てたつもりで?使えるので、この手の利用にうってつけだと思います。

目下の悩みは、マックであまり食事をすることがなく、コーヒーだけではなかなか貯まらないことでしょうか。

トランプ大統領はマックが非常にお好みなそうなです。何かと物議を起こす方ですが、少なくともあの年であれだけパワフルなのは素晴らしいと思います。

真似してマック派を目指そうかな…

でも、野菜少ないんだよな(^^)

また、よろしくです❗️

ポイントサービス

こんにちは、爆走ひつじです。

SBI証券で、投資信託を購入すると、SBIポイントが付与されます。

ちょっとでも貰えるのは、ありがたいと思っていましたが、どうも有効期限があるようで、最近慌てて利用したのですが、結構わかりにくかったので、共有したいと思います。

SBIポイントとは

  • SBI証券で、国内株式、投資信託、金・プラチナ取引した際に、取引量に応じて付与されます。
  • 貯まったポイントは、現金、他のポイント(T-point、ANA、JAL、nanacoなど)や商品に交換できます。
  • 有効期限は、「年ごとに2年間繰り越され、4年目になりますと1年目のポイント(当該年内に獲得されたポイントの合計)は失効いたします。」とあるので、ポイントを獲得した年の12月末から2年経過するまでとなります。

ポイントの確認方法

SBI証券のウェブサイトにログインし、「お客様情報設定・変更」から、「各種サービス」を選択します。

このページの下の方に「ポイントプログラム」というカテゴリがあり、メニューの中に「SBIポイント」をクリックすると確認ができます。

f:id:sheepX:20180102181428j:image

f:id:sheepX:20180102181435j:image

SBIポイントを使うには

基本的には、前述のメニューにある、「SBIポイントの利用・獲得履歴はこちらから」をクリックして指示通り進めば良いですが、結構分かりにくいです。

大前提として、SBIポイント株式会社という別会社が運営するポイントサイトに会員に登録して、SBI IDを取得しておく必要があります。

ちなみに爆走ひつじは、かなり昔に作ったのを忘れていたのですが、パスワードをリセットしてもログインできなかったので、サポートに問い合わせた所、しばらく使っていないIDは凍結されてしまうそうです。

久しぶりにログインしようとしてできない時は、素直にサポートに問い合わせるのがおすすめです。

 

最期に

SBIポイントが貯まるのは、何となくご存知の方が多いと思いますが、有効期限があり、かつ、ポイントの使いかたが分かりにくいのは、残念です。

また1年後覚えていますよ~に

また、よろしくです❗️