Surface

はじめに

またもや、Surface Laptop2のキーボードが応答しなくなりました。
症状は前回と同じです。

  • キーボードを押下してもキーが入力されない
  • 電源offボダンだけは反応する
  • キーボードのバックライトも光らない
  • マウスパットも反応しない
  • デバイスマネージャー上で、
     「ヒューマンインターフェースデバイス」- 「Surface Id Mini Driver」のデバイスの状態欄に
      「このデバイスを開始できません」エラーが出ている。

    タッチパネルは聞くのですが、PCでキーボードが使えないのは、ものすごくつらい。
    Surface Laptop2は気に入っていますが、キーボード周りは、本当にダメだと思います。

file

前回の対応策

前回と同様に、以下のマイクロソフトのサイトに行き、ファームウェアを最新版にしました。
...が、今回は治りませんでした。

「Surface Id Mini Driver」を削除して再認識させたり、一旦、デバイスを無効にして有効にしても効果がありませんでした。
正直、もう修理に出すしかないかと半分思い始めていました。

 

解決策

往生際悪く、色々ググった結果、PCを強制OFFすると直るかもという情報を見つけました。
なんじゃそりゃ~と思いつつ、やれることもないので試してみました。

電源ボタンを長押しすると「スライドしてシャットダウンします」というメッセージが表示されますが、そのまま長押しを続けるとOSの終了処理を経ずに電源が落ちます。
ハードディスク故障を経験している世代としては、すごくやりたくない操作です...

...果たして、再度電源ボタンを押下して電源を入れると、キーボードが復活しました!!
(夜中の2時...)

なんとなくわかったこと

前回この症状になった時は、勝手にWindwosアップデートが動いて、キーボードのドライバとファームウェアの整合性が取れなくなったのではと解釈しましたが、アップデートが動いた形跡がなかった釈然としませんでした。
今回も、アップデートが動いた形跡がなかったことから、どうやらアップデートが原因ではなさそうです。

前回と今回での共通点は、サスペンドからの復帰のタイミングで発生していることです。

爆走ひつじは、普段Surface Laptop2を終了させず、画面を閉じてサスペンドしています。次に使う時は、画面を開けて復帰させて使っています。
どうやら、復帰(レジューム)時に、キーボードの復帰処理が失敗し、キーボードのファームウェアが異常な状態に入ってしまっていると予想されます。
OSを再起動すれば、リセットがかかり解消されるはずですが、単純なOSリブートでは、キーボードに完全な?リセットがかからず、強制電源Offやデバイスマネージャーからデバイスをいったん削除するなどして何とかキーボードにリセットをかけて復帰させる対処が必要となってしまっているようです。

 

今後

次起きた時は、すぐに解決できそうな気がしていますが、ちょっと残念な気分です。
パーソナルユースでの利用なので大して影響はないですが、仕事で使用するPCでこんなことが起きたらと思うとぞっとします。
以前使用していた、中古で買った国内メーカーのPCは、ノートラブルでした。
国産メーカのPCは、割高な印象がありますが、品質面を考えるとそうでもないかもしれません。

 

Surface

少し戸惑ったのがファンクションキー

Surface Laptop2を使っていますが、キーボードの最上位列は、F1, F2 ..のファンクションキーと、ボリュームや画面コピーキーなどの特殊キーの共用になっています。
file

キーボード左下の、"Fn"キーを押すたびに、F1, F2 ..のファンクションキーと、ボリュームや画面コピーキーが切り替わりますが、キー操作が2回発生するので面倒だと思っていました。

 

"Fn"キーと同時押しもあり

例えば、"Fn"キーのLEDが光っているときは、キーボードの最上位列は、F1, F2 ..のファンクションキーとして動作しますが、この状態で、"Fn"キー + F4を押すと、音声ミュートになります。("Fn"キーのモードは切り替わりません)。

逆に、"Fn"キーのLEDが光っていないときは、キーボードの最上位列は、ボリュームや画面コピーキーなどの特殊キーとして動作しますが、この状態で、"Fn"キー + 音声ミュート(F4)を押すと、F4キーとして動作します。

Surface

はじめに

少し時間がたってしまいましたが、Surface Laptop2をGWに購入しました。
その感想をまとめてみたいと思います。

Surface Laptop2を選んだ理由

いろいろ悩みましたが以下の理由でSurface Laptop2にしました。

デザイン

Macを意識しているかもしれませんが、かっこいいです。

file

全体的に無駄をそぎ落としたシャープなデザインですが、Surfaceシリーズでおなじみの新素材(Alcantara(アルカンターラ))をキーボード面に採用しており、クールなだけで終わらない親しみやすさも感じやすいと思います。
家で使うパソコンは、会社の時と気分を変えたいと思っていたのでこのデザインに惹かれました。

file

コストパフォーマンス

HPやDellなど外資系の直販系と比べると値段が高いように思えますが、Microsoft Office込みの値段で考えると結構コストパフォーマンスは良いと思います。
逆に、MS Officeが不要という人には、高いと思うかもしれません。
今のところ、Office365を契約するつもりはない人にはお勧めです。

画面の大きさ

画面の大きさと持ち運びやすさはトレードオフなのですが、13.3inch(ワイド)が気軽に持ち運べるかつカフェで目立たない基準だと考えています。
Surface Laptop2は、13.5inchですが、アスペクト比3:2がなので、横幅は13.3inch(ワイド)とほぼ同じですが、縦方向が若干長いです。
13.3inch(ワイド)では、縦方向にもうちょっとほしいなと思うことは多いので、このサイズは絶妙だと個人的に思います。

Surface Laptop2 で迷った点

とはいえ、タブレットとして使えるSurface Proとかなり悩みました。
Surface Laptop2の画面はフラットまで開かないのでペン操作を考えるともうちょっとと思います。
ただ、Windwosはタッチ操作やペンを使う場面はあまり多くないと考え割り切りました。
Surface Proのキックスタンドと同様に、世代が進むと画面の開く角度も大きくなっていくのでしょうか...

 

約3か月使ってみての感想

全体的に

今振り返ってみても、選択した基準は悪くなかったと、満足しています。

特にデザインや画面の大きさによる使い勝手は申し分ないです。
また最後まで迷っていたSuface Proのようなタブレットモードの必要性ですが、お絵かきソフトやCADソフトを使わないこともあり、必要性を感じることはありませんでした。
その分、画面が大きいクラムシェル型のSurface Laptop2を選択してよかったです。

file

期待していたタッチパネルですが、全く使わないわけではないですが、Windwos10時代でもSurfaceペンやタッチパネルに最適化されたアプリケーションは思ったほどそろっていない印象です。
ただし、Surfaceペンについては、MicrosoftがEdgeやonenote向けに頑張っているので期待をしています。
今後の状況次第で購入を考えたいと思っています。

Windows Helloが便利

Surface Laptop2ならではというわけではないですが、Windows Helloによる、顔認証ログインは便利です。
お風呂上りにバスタオルを頭からかけていると認識されなかった(その場合はPINを入力)のですが、3回ぐらいして、バスタオルを頭からかぶっていても認識してくれるようになりました。人の顔もだんだん変わっていくので、1度登録して終わりというよりは、毎回のログイン時のデータを使って学習させているのでしょうか。興味深いです。

重さ

Surface Laptop2の重さは、1.25Kgぐらいで最近のノートパソコンの平均レベルです。
毎日持ち運ぶつもりはなかったので許容範囲だと思っています。 
ただし、ずっしり感はあるので、ノートを開いた状態で片手で持ち歩く(ちょっと座席を移動するときなどに結構やる)のは難しいです。
最近、富士通の超軽量ノートパソコンを持ってみて、数百グラムという数字以上に軽さを感じました。
その印象が強かったせいか、家の中でメインで使うノートパソコンでもでも1Kg以下だと超気軽に片手で持ち運べるのにと思う時があります。
重さについては、もしかすると今後、基準が大きく変わっていく部分かもしれません。