iPad

はじめに

前回、富士通クライアントコンピューティングから発売されている電子ペーパー端末(QUADERNO)のスケジューラとしての機能が便利そうだったと書きました。
また、その機能がpdfのリンク機能を駆使して出来上がっていることを発見しました。
今回はその続きです。

何が便利か?

画面を見ていただくと早いです。
以下は、製品マニュアルからの引用です。
QUADERNO活用ガイド

file

このスケジューラpdfファイルは、マンスリー、ウィークリー、デイリーのページで構成されています。
マンスリーカレンダーの日付をクリックするとその日付のデイリーページに飛びます。
また、マンスリーカレンダーの各週の頭にある▲印をクリックすると、その週のウィークリーページに飛びます。
月間、週間、当日で、情報の粒度が変わるので、どうしてもマンスリー、ウィークリー、デイリーページを行き来する必要があります。リンクジャンプによりそれが簡単にできます。
紙手帳では得られない電子手帳ならではの操作感です。
手書きの良さと、電子化による利便性を実現できます。

iPadが便利な手書きの電子手帳に変身!

上記の便利なスケジューラのpdfファイルは自由にダウンロードすることができます。
このpdfファイルをiPadの手書きソフトに読み込むことで、iPadが便利な電子手帳に変身します。
基本のドキュメント・テンプレート

今回試したアプリ

pdfが読み込み可能な手書きアプリであれば、利用できるかもしれません。
ただし、リンクをクリックしてジャンプできないアプリもあるかもしれません。

 

Good Notes 5

マンスリー、ウィークリー、デイリーを行き来する際のジャンプ操作にコツがいります。
日付などリンクが設定された部分を長押しして放すと、”リンクを開く”という吹き出しが出ます。
この吹き出しをクリックすると、ジャンプします。 ページ送りは、左右のフリックでできるので、手帳のページをめくる感じに近いです。
定番手書きアプリであり、ペンで手帳に記入する感覚は文句なしです。

Notability

リンク部分をクリックすると、"Go to Page xx"吹き出しがページプレビューと共に出ます。
その吹き出しをクリックするとジャンプします。
このアプリは、ページ送りが水平方向へのスクロールなので、手帳のページをめくる感じからは少し外れます。
同様に定番手書きアプリであり、ペンで手帳に記入する感覚は文句なしです。

PDF Expert

リンク部分をクリックでジャンプしてくれて、麺スリー、ウィークリー、デイリーページの行き来がストレスなくできます。
また、ページ送りも、左右のフリック操作でできるため、手帳のページをめくる感じに近いです。
定番の手書きアプリと比べると、ペンの書き味は少し劣るかもしれませんが、実用範囲だと思います。
バージョン7になって、ページコピーなどをするには、有料のサブスクリプション購入が必要になってしまったのが残念です。
ページコピーをしなければお薦めです。

Metamoji Notes

リンクジャンプができませんでした。
残念です。

終わりに

もともと、電子ペーパー端末の使い心地を確認しようとして、試してみたのですが、iPadが非常に理想的な手書き電子手帳になってしまい、電子ペーパー端末買うべきかちょっと迷ってしまいました。
紙に近いという意味では、電子ペーパー端末は理想形ですが、お値段とiPadの便利さを比べて考えたいと思います。
皆さんもiPadをお持ちの方はぜひ試してみてください。

iPad

こんにちは、爆走ひつじです。

このブログはほぼ、iPad ProとApplePencilで作成しています。

以前、Apple Pencilのペン先の寿命に気がつかず、液晶保護シートをガリっとやってしまいました。

blog.sheepx.biz

その後、静電気式のペンを併用していましたが、静電気式のペンはペン先が柔らか過ぎて決定打になっていませんでした。

最近やっと解決策を見つけました。参考になればと思います。

Apple Pencilの不満

ApplePencilの不満は主に以下の3つです。

特に(3)の書いた時にペン先がガラス面に接触するときのカツカツ音が気になるようになってきていました。

(1)ペン先の寿命が意外と短い

1日2時間ぐらいだと思いますが、大体、3ヶ月ぐらいで駄目になるようです。

(2)ペン先のお値段が意外と高い

4つで2500円なので、3ヶ月で500円とそこまで目くじらを立てるほどでもないですが、もうちょっと安くてもいいだろ〜と思ってしまします。

(3)ペンで文字を書くときの騒音が意外と大きい

静かなところで書いていると余計に気になります。

ペン先にテーピング

色々試行錯誤した結果、シンプルにペン先にテーピングするのが一番という結論に至りました。

素材に色々悩みましたが、書き心地を最重視した結果、

伸縮タイプの布テープ

3M社製「ネクスケア伸縮する布テープ

を使っています。

f:id:sheepX:20180103150059j:image

本当は、白色(この色だとペン先にハナ◯ソが付いているみたいなので)が良かったのですが、伸縮タイプはこの色だけのようなので、見た目は諦めて書き味を重視しました。

f:id:sheepX:20180103150110j:image

耐久性は2週間以上使用しても問題ないレベルです。

マメに変えても布テープは2mあるので、一生使い切れないと思います。

 

最後に

ペン先をガリッとやってからあまり、ApplePencilを使う気が失せていましたが、今は快適です。

見た目は少し妥協していますが、書き味を考えれば満足です。

また、よろしくです❗️

 

iPad

こんにちは、爆走ひつじです。

久しぶりにガジェット系のネタです。

前にも書きましたが、このブログは、ほぼiPad Pro+Appleペンシルで書いています。

約2ヶ月ほど使って来ましたが、一昨日、文章を書いている時にガリッとやってしまいました。

良くみると既に画面に多数のキズがついています。

実際には、液晶画面保護フィルムを貼っているので、シートの表面にキズがついただけですが結構ショックです。

液晶画面保護フィルムを貼り替える面倒さに、胸が張り裂けそうな想いです。(^_^;)

取り替え時

写真の左が新品、右がガリッとやったペン先です。

並べてみると、古い方は尖った形になっているのが分かりますが、単体で使っているとなかなか分からないです。

色が変わってお取り替えサインが出てくれると良いのですが...
f:id:sheepX:20171111223103j:image

ペン先ってこんなに早く減るものなんだと感心しつつ、 2ヵ月に1回は取り替えないとだめだな~と軽い気持ちでAmazonへ...

(3分後)

...沈黙

高い...

...沈黙

高い...

ペン先4個で、2500円...

...とりあえず、Appleペンシルにペン先の予備が1個付いてきたので、まずは、それで様子見ようかな...

慣れてなかったので、筆圧が強過ぎたかなぁ~と、妙な言い訳を自分にして、購入を保留しました

 代用手段

手書きメモアプリなど、Appleペンシルならではのアプリケーションを使うときは、Appleペンシルが必須ですが、Mazec(手書き入力IME)で、文字を書く時は要らないかもという事で、安価な静電容量式のペンを急遽購入して試行中です。

このブログも、静電容量式のペンで書いています。

以下の理由で、書き易さはAppleペンシルに軍配が上がります。

  • ペン先が柔らか過ぎ
  • ペン先が太い

しかし、5分ぐらいである程度は慣れてきます。

逆に良い点もあります。

  • 静かに文章が書ける
  • 充電を気にしなくて良い
  • テーブルの上で転がらない

3つ目は半分冗談ですが、1つ目は、“目から鱗な“発見でした。

Appleペンシルで文字を書いていると、結構カツカツ音がします。

静かな場所だと結構気を使っていたので、静電容量式ペンも併用していこうと思っています。

 

最後に

iPad Proを買って最初はアプリケーションやケースで色々悩みましたが、最近は落ち着いてきたので、あまり意識せず使っていました。

Appleペンシルのペン先問題は、久し振りにiPadの使い方を見直す良い機会でした。

静電容量式ペンも寿命がありそうですので、今後、比べて行きたいと思います。

また、よろしくです❗️

iPad

こんにちは、爆走ひつじです。

今日は、iPadPro用にぴったりのケースを見つけたのでレビューしたいと思います。

iPadProをしばらく使ってみて

私は、スマフォやタブレットにケースを付けない派です。
せっかくのデザインが変わってしまいますし、何より重くなって
しまうからです。
ただ、iPadProを使いはじめて、Apple Pencilの収納に悩んでいました。

Apple Pencilは結構長いのでペンケースに入らないし、鞄のペンスロットでは、キャップが行方不明になる心配があります。

専用ケースも邪魔だし....

Poetic iPadPro用ケース

彷徨うこと約1週間ようやく良さげなケースを見つけました‼️

写真で見るとハードケースに見えますが、少し弾力があります。

約100gなので、若干重くなった気がしますが、許容範囲だと思います。

 

良い点

  • Apple Pencilの挟まり具合も適切で、取り出しに苦労したり、勝手に外れたりすることはないです。
  • Lightningケーブルはそのまま刺せます。
  • 左側が覆われていないので、純正のスマートカバーも取り付け可能なようです。

イマイチな点

  • 特になし。iPadのデザインに少し影響がでますが、現状これがベストだと思います。

将来的には、Appleが本体と一体化させ、充電の面倒からも解放されるといいなー(願望)

という事で、結構良い買い物だったと思います。

お薦め度:  ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

またよろしくです❗️