コンテンツサービス

こんにちは、爆走ひつじです。

前回、雑誌読み放題サービスである、dマガジンと楽天マガジンで取り扱っている雑誌コンテンツを比べてみました。

どちらも、月々約400円程度と低価格ながら、魅力的なコンテンツが揃っていました。

blog.sheepx.biz

今回は、雑誌を閲覧するビュワーを比べてみたいと思います。

雑誌の選択方法

dマガジン

表紙を見て選ぶ「雑誌を選ぶ」の他に、「記事から選ぶ」、「おすすめ」、「ランキング」、「マイページ」があります。

f:id:sheepX:20180128124055j:image

「おすすめ」、「ランキング」も、雑誌横断で記事単位です。普段手に取らない雑誌の中から、思いがけない記事を見つけることができるメリットがあります。
、、、ただし、ランキング上位の記事は、きわどいグラビアもあります。記事一覧はプレビュー付きですので、間違っても、「ランキング」メニューを勤め先で開かない方が良いでしょう(^^)

「雑誌を選ぶ」メニューは、カテゴリー毎に雑誌が分類されています。カテゴリーを切り替えた時に、アニメーションが入るのですが、少しまどろっこしいです。

楽天マガジン

通常の雑誌を選ぶモード(各カテゴリ、おすすめ、お気に入りに分類)と、ランキング、マイページの3種類だけです。

f:id:sheepX:20180128122103j:image

f:id:sheepX:20180128122123j:image

非常にシンプルですが、雑誌はカテゴライズされており、dマガジンのようなカテゴライズの切り替えのもたつきもありません。また、表示させるカテゴリがカスタマイズ可能です。
「ランキング」も「おすすめ」も雑誌単位です。
このことから、楽天マガジンには読みたい雑誌が決まっている人に特におすすめです。

雑誌の表示

  • どちらもページの拡大縮小はスムーズです。ページを切り替えると拡大縮小率はリセットされますので、画面の大きいタブレットの方が快適です。
  • ページ切り替えは、dマガジンのAdnroid版で、素早くページ切り替えを行うと、ページがぼんやり表示される時間が気になりました。完全にダウンロード済みの状態でも発生します。端末のスペックに寄るかもしれませんが、改善を期待したいです。

雑誌のダウンロード

どちらも、無線LAN接続時のみお気に入りの雑誌をダウンロードしてくれる機能があります。
dマガジンでは、更に記事単位でダウンロードするか、雑誌全体をダウンロードするかを指定可能です。楽天マガジンでは基本的に雑誌単位でダウンロードされます。

 

最後に

で、どっちがいいの?
と聞かれると、爆走ひつじ的には、会社の休み時間や電車の中で、スマフォ(Android)でちょこっと読んだりすることがあるので、いきなりキワドイページが表示されたりせず、また、ページ切り替えや雑誌選択にストレスがない、楽天マガジンをおすすめします。
どちらも無料お試し期間があるので、実際使ってみてくださいな。
またよろしくです❗️

blog.sheepx.biz

 

コンテンツサービス

こんにちは、爆走ひつじです。

最近、雑誌読み放題サービスに興味を持っており、主要大手が手掛ける、「dマガジン」と「楽天マガジン」を比べてみましたので、共有したいと思います。

雑誌読み放題サービスの概要

2つのサービスとも、月々約400円で、好きな雑誌が読み放題のサービスです。

ただし、一部記事が削られていたり、写真が一部黒抜きになっていたりします。

読める雑誌は、それなりにラインナップは揃っていますが、細かくみていくと、2つのサービスで差があります。今回は、コンテンツの差分をまとめてみました。

dマガジン

dマガジン | 多彩なジャンルの人気記事がいつでもどこでも読み放題!

dマガジン

dマガジン

  • 株式会社NTTドコモ
  • ブック
  • 無料

楽天マガジン

楽天マガジン:200誌以上いろいろなジャンルの雑誌が読み放題!

楽天マガジン

楽天マガジン

  • Rakuten, Inc.
  • ブック
  • 無料

取り扱い雑誌の比較

全てを比べるのは、あまり意味がないので、このブログのテーマに関係する、ビジネス、経済、IT/デジタルガジェットのカテゴリーで比べてみました。

この範囲のカテゴリでは、意外と大きな差はないです。

両者にないのであったら良いなと思うのは、「日経ビジネス」、「日経エレクトロニクス」ぐらいで、結構そろっているなと感じました。

雑誌名 dマガジン 楽天マガジン
Newsweek
Forbes Japan
PRESIDENT
エコノミスト
週刊東洋経済
週刊ダイヤモンド
日経ビジネスAssocie
SAPIO
日経マネー
週刊ダイヤモンド
ダイヤモンド・ZAI
WIRED
週刊アスキー
日経PC21
Mac Fan
GetNavi
DIME
ds
TRENDY
家電批評
MONOQLO
GoodsPress

一番気になったのは、「dマガジン」にあって、「楽天マガジン」で無いのが「プレジデント」です。

正直これに気が付いた瞬間、「dマガジン」で決まり❕と思ってしまいました。

...しかし、実際「dマガジン」でダウンロードして読んでみると、相当削られています‼️

特集記事も目玉部分はオールカットです。これは非常にがっかりでした。

確かに、「プレジデント」は紙媒体で750円するので、削りたくなる気持ちもわかりますが、ここまで削られると逆にダウンロードすらする気がなくなりました。

 

最期に

今回、「dマガジン」と「楽天マガジン」のコンテンツを比べてみましたが、ビジネス、経済、IT/デジタルガジェットのカテゴリーで比べてみると、ほぼ互角という感想です。

その他のカテゴリは、今回書きませんでしたが、個人的に気になるカメラの雑誌で見ると、「楽天マガジン」の方が充実しており、心惹かれるものがあります。

次回は、読みやすさ等についても比較してみたいと思います。

また、よろしくです❗️