電子ペーパー

はじめに

電子ペーパー QUADERNOを使い始めて、半年以上経ちました。
これまで、新たに手帳を購入しても3か月ぐらいで書かなくなってしまうことを考えると思いのほかうまく使いこなせていると思います。

リーダとしてのQUADERNO

これまで、QUADERNOは、紙のノートの代わりとして使ってきましたが、最近、資料リーダとしても使えないかなと思うようになりました。
もちろん、PCからは、PCの連携ソフトがあり、これを使えば、pdfファイルを転送したりする機能があることは承知していました。
ただ、私の場合、QUADERNOが複数のPCと連携できない(と思っていた)ことがネックでした。
というのは、私は仕事で使うPCとプライベートで使うPCは別にしており、プライベートで使うPCとQUADERNOを連携させています。
このため、仕事中に、(あとで電車の中など時間があるときに読んでおきたい)論文などを見つけても、仕事用のPCとQUADERNOが連携していないので、電車の中ではスマフォで読んだりしていました。
file

QUADERNOと複数PCとの接続について

QUADERNOの公式HPのFAQには、QUADERNOと複数PCとの接続については、何も書かれていません。(1台のPCと複数のQUADERNOの連携について書かれていますが、そんな人、滅多にいない...と思います。)
どこか、ネットの記事で、複数のPCと連携できないようなことを読んだことがあったので、無理なんだろーなぐらいに思っていました。

ただ、どうしても、QUADERNOをリーダとしても使いこなしたくなってきたので、実験してみました。

 

実験結果

...あっさりできました。(なんじゃそりゃ)
一応手順を書くと以下です。1台目のPCでやったセットアップと全く同じです。
Digital Paper PC Appでパソコンと接続する

  1. もう一台のPCにも、PC連携ソフト(Digital Paper PC APP)をインストール
  2. PCとQUADERNOをUSBケーブルで接続
  3. Digital Paper PC APPを起動させて、指示に沿ってペアリング

この仕事用のPCでは、同期はさせたくなかったので(プライベートで書いたノートが仕事用PCに入ってしまうのは避けたい)、「設定」-「自動同期」はオフにしました。
なので同期は試していませんが、おそらくできると思います。

同期しなくても、pdfファイルをドロップしたり、pdf出ないドキュメントの場合は、印刷をする際に、プリンタに「Fujitsu Digital Paper」を選択すれば、QUADERNOに転送されます。

また、Buluetooth接続も試しましたが、問題ありませんでした。

ちなみにファームウェアは、現時点の最新版(1.5.50.12102FP、2019年12月23日)を適用しています。

最後に

ダメだったら、VMを使ってやってみようとかいろいろ考えていたので、あっさりできたのは意外でした。
もう少し早く試していればよかったのにと思いつつ、リーダとしてもQUADERNOを使いこなしていきたいです。
今後、リーダとしての使用感もまとめてみたいと思います

 

英語学習

英語の呪い

英語の会議後、毎回、明日から英語かんばる!と、思い続けて数年...
我ながら、自分のダメさぶりに呆れてたりする。

中国出身の同僚が、何の違和感もなく日本語を話しているのを見ると、すげ~よなと、素直に感心する。
ちょっとは見習ってみようと、最近、電車の中で英語の勉強を始めました。

で、ちょっと困ったのが、紙のテキストはかさ張るので、電子書籍(Kindle)を使っているのですが、Kindleを表示している状態で、巻き戻しなどの操作をするには音楽プレーヤの操作パネルを引っ張り出さなくて行けなかったりして地味にめんどくさい。
ヘッドフォンのリモコンで、巻き戻し、再生ボタンがあれば解決だけど、今使っているBluetoothのヘッドセットは、巻き戻しが、トリプルクリックなのです。ボタンケチらないでほしいなぁ。

Androidの画面分割機能

本気で、2画面スマフオを考えたけど、重そう...
で、色々調べた所、Androidには画面分割機能があるそうな。
これはよかったと喜んだがつかの間、画面分割に対応したアプリが結構少ない。
Kindleは対応しているけれど、音楽プレーヤがなかなかない。

 

MXPlayer

何とか見つけたのが、MXPlayer!
実際のスクリーンショットは、以下

一体化して一つの専用アプリの様です。

さすがにテキストが見開き表示だと文字が小さくてつらいですが、単ページなら問題ないです。
まわりの人がひくぐらい大画面のファブレット(すでに死語?)を使っていることもあり、ようやく真価発揮といった所です。
MXPlayerは画面分割に対応しているのはもちろんですが、音量調整や早送り・巻き戻しなどジェスチャー機能が良くできています。
お陰で、手袋したままでも操作ができます。

その後

広告表示がうざいので、有料版を買いました。
で、喜び勇んで、画面分割・・・

このアプリは、画面分割に対応していません

なんでやねん。有料版でまさかの機能ダウン!
単なるバグかなぁ...

結局こんな事ばっかりしてて、英語の勉強が進んでいない...
来世では、英語を頑張りたいとと思います。