Surface

はじめに

またもや、Surface Laptop2のキーボードが応答しなくなりました。
症状は前回と同じです。

  • キーボードを押下してもキーが入力されない
  • 電源offボダンだけは反応する
  • キーボードのバックライトも光らない
  • マウスパットも反応しない
  • デバイスマネージャー上で、
     「ヒューマンインターフェースデバイス」- 「Surface Id Mini Driver」のデバイスの状態欄に
      「このデバイスを開始できません」エラーが出ている。

    タッチパネルは聞くのですが、PCでキーボードが使えないのは、ものすごくつらい。
    Surface Laptop2は気に入っていますが、キーボード周りは、本当にダメだと思います。

file

前回の対応策

前回と同様に、以下のマイクロソフトのサイトに行き、ファームウェアを最新版にしました。
...が、今回は治りませんでした。

「Surface Id Mini Driver」を削除して再認識させたり、一旦、デバイスを無効にして有効にしても効果がありませんでした。
正直、もう修理に出すしかないかと半分思い始めていました。

 

解決策

往生際悪く、色々ググった結果、PCを強制OFFすると直るかもという情報を見つけました。
なんじゃそりゃ~と思いつつ、やれることもないので試してみました。

電源ボタンを長押しすると「スライドしてシャットダウンします」というメッセージが表示されますが、そのまま長押しを続けるとOSの終了処理を経ずに電源が落ちます。
ハードディスク故障を経験している世代としては、すごくやりたくない操作です...

...果たして、再度電源ボタンを押下して電源を入れると、キーボードが復活しました!!
(夜中の2時...)

なんとなくわかったこと

前回この症状になった時は、勝手にWindwosアップデートが動いて、キーボードのドライバとファームウェアの整合性が取れなくなったのではと解釈しましたが、アップデートが動いた形跡がなかった釈然としませんでした。
今回も、アップデートが動いた形跡がなかったことから、どうやらアップデートが原因ではなさそうです。

前回と今回での共通点は、サスペンドからの復帰のタイミングで発生していることです。

爆走ひつじは、普段Surface Laptop2を終了させず、画面を閉じてサスペンドしています。次に使う時は、画面を開けて復帰させて使っています。
どうやら、復帰(レジューム)時に、キーボードの復帰処理が失敗し、キーボードのファームウェアが異常な状態に入ってしまっていると予想されます。
OSを再起動すれば、リセットがかかり解消されるはずですが、単純なOSリブートでは、キーボードに完全な?リセットがかからず、強制電源Offやデバイスマネージャーからデバイスをいったん削除するなどして何とかキーボードにリセットをかけて復帰させる対処が必要となってしまっているようです。

 

今後

次起きた時は、すぐに解決できそうな気がしていますが、ちょっと残念な気分です。
パーソナルユースでの利用なので大して影響はないですが、仕事で使用するPCでこんなことが起きたらと思うとぞっとします。
以前使用していた、中古で買った国内メーカーのPCは、ノートラブルでした。
国産メーカのPCは、割高な印象がありますが、品質面を考えるとそうでもないかもしれません。

 

SIXPAD

はじめに

Sixpad plusを使い始めてから1か月がたちました。
買ってみようか気にされている方も多いと思いますので、1か月の感想をまとめてみたいと思います。

ちなみに、家に届いたのは注文してから1か月後でした。
日経新聞にもちょくちょく広告が出ていますが、結構人気があるんですね。
sixpad.png

1か月使用してみて

  1. ひざの痛みが減った
     最近、重い荷物を持って移動するとひざが痛くなるようになっていました。
    年なので、ひざがすりへったせいかと思っていましたが、ひざ周りの筋肉が弱くなった場合にも、ひざが痛む場合がありえるそうです。
    Sixpad plusを使い始めて、2週間ぐらいでひざが痛まなくなってきたので、筋肉がついた効果があるのかもしれません。

  2. 階段を使う気力ができた
    電車の乗る車両は、エスカレータに近い所に最適化する癖がついており、なかなか、階段を使いたいと思えなくなっていましたが、階段の登り・下りが苦にならなくなってきました。
    また、せっかくSixpadで鍛えているのだからというモチベーションもあり、階段を使用する機会が増えました。

  3. 体組成計での筋肉量は変化なし
    上記2つは、主観的な評価なので、客観的な効果を確認できないかと考え、週1回、体組成計で、筋肉量や体脂肪率を計測しています。
    1,2の効果が実感できているので、筋肉量が上がっているかと期待していますが、数値に変化はありませんでした。
    筋肉量は結構粗い(10段階評価)ので、もう少し継続的な観測が必要かもしれません。

  4. その他(筋肉痛)
    使い始めて1,2日は軽い筋肉痛があり、結構効いているんだなぁーと思っていましたが、しばらくすると筋肉痛もなくなりました。
    さずがに、激しいトレーニングをするのと同等レベルの筋肉トレーニングにはならないと思います。

 

おわりに

Sixpadは、ネットで検索しても、絶賛している人と、全然効果がなかったという人があり、評価が難しいです。(健康器具ってそんな傾向がありますね。)
使ってみて思うのは、Sixpadだけでは、筋肉が大幅に増えるような効果を得るのは難しいのではないかと思います。
ただ、使うことによって、筋肉が少しず付けることは可能なようで、それを呼び水に、体を動かすモチベーションにつなげることはできそうです。
今後も継続的に使用して、筋肉量アップにどの程度効果があるかを見ていきたいと思います。

boostnote

はじめに

ブログをパソコンで書いていると、ファイルがどんどん増えていくと思います。
ふとしたことからよさげなエディタBoostnoteを見つけたので紹介します。

Boostnoteとは

オープンソースで開発されているプログラマ向けのエディタで、Windows, Mac, Linux版がリリースされています。
https://boostnote.io/ja/

特徴

語りだすと長くなりますが、ひとまず、以下の点が大きな特徴です。

  1. ファイル保存は不要
    スマフォやタブレットと同様にファイル保存を意識しなくてもよいので、思いついたときに書き溜めることができます。

  2. Markdownのプレビュー表示がスムーズ
    デフォルトでは、マウスフォーカスが外れるとMarkdownプレビューに切り替わってくれます。
    左右に、編集画面とプレビュー画面を表示することも可能です。

boostnote3.png

 

おすすめの設定

  1. 言語設定
    何はともあれ、言語を日本語に設定しましょう
    boostnote1.png

  2. タブ数
    デフォルトは2ですが、好みで4にします。

  3. プレビューへの移動
      Markdownのプレビューへの切り替えは、デフォルトでは、マウスフォーカスを失った時ですが、右クリックのタイミングで切り替え可能です。

  4. スニペットのデフォルト言語
      新規作成字に、"Markdown"と"スニペット"が選択できます。
     "スニペット"は、複数の文章を1つの題名で管理できます。メモを別ファイルで書き溜める場合に便利なモードです。
    "スニペット"でデフォルトの言語を、"Markdown"に設定します。

    boostnote2.png

    終わりに

     bootstnoteは、シンプルですが、非常に奥が深いエディタです。
    少しずつ、良さを伝えていければと思います。