QUADERNOのカバーを買いました!

 

はじめに

QUADERNOを入手してから、毎日持ち歩いています。
爆走ひつじは基本、スマフォやタブレットはノーカバー派?です。
しかし、電子ペーパーの画面はゴリラガラスではなく、カバーがあった方が良いなかと思いつつ様子を見ていました。

試行錯誤その1(100均ソフトケース)

まずはノーケースで行こうと、100円ショップで買った、タブレット用のソフトケースを使ってみました。

file

本体が軽いので、以下のメリットがあり意外といけました。

  • かさばらない
  • 安い
    です。
    しかし、常に持ち歩いて頻繁に使ううちに以下の点が気になってきました。
  • 出すのがめんどくさい
  • 対衝撃性でちょっと不安
  • ペンが納めにくい

試行錯誤その2(紙ノート+ペンケース)

そこで、シンプルにA4ノート挟んで、ペンフォルダを用意しました。
以下の写真のように画面はA4紙ノートで保護されます。(写真はすでにケースをつけた状態です。)

file

これはこれで良かったです。

  • 出すのが楽
  • ペンの収まりも悪くない

欠点は、唯一以下...

  • 画面に傷がつかないかちょっと不安

正直、ノンカバー派?の爆走ひつじとしては、QUADERNOが2万円ぐらいだったら、これで行ったと思います。
ただ、5万円になるとちょっと無理...

最終案 (カバー購入)

試行錯誤むなしく、おとなしくカバーを購入することにしました。

いろいろ調べてみたのですが、QUADERNOの専用カバーはしっかりした作りの反面、重さが220gもあります。
さすがにQUADERNO本体(251g)と同レベルの重さなのはちょっと...
これだと気軽に持ち歩けなくなってしまいます

file
QUADERNO(クアデルノ)A5サイズ専用カバー

QUADERNOは、富士通クライアントコンピューティング製ですが、ソニーからのOEMと考えられ、ソニーの電子ペーパー端末(DPTA-CC1)と瓜二つです。
ソニーのDPTA-CC1の専用カバーを調べてみると、重さが130gと軽いので、こっちを購入することにしました。

file
DPTA-CC1専用カバー
値段が7千円ぐらいとちょっとお高いですが、他に選択肢がないので奮発しました。

買ってみて

ひとまず、サイズ的には問題ありませんでした。
重さもペンも含めて、392gと片手でも苦にならない重さに収まっています。
file

本体とカバーは粘着テープですので、一旦取り付けたら取り外しはできません。
ドキュメントを使い勝手もよく、嵩張らないので外したいと思うことはないと思います。

file

今のところ、カバンに入れて毎日持ち歩いていますが、傷はついておらず安心して持ち歩いています。
また、ペンも持ち運びやすく取り出しやすいのが専用カバーの魅力だと思います。