投資信託

こんにちは、爆走ひつじです。

ここ数日は調整局面ですが、日経平均がいよいよ2万3千円代のフェーズに入っています。

さすがにこれ以上は上がらないかも...などと逆に弱気になってしまいます。

思えば、日経平均2万円を超えたら反落するかなと、思っていた時期もあったので、そう考えると常に弱気なひつじです(^_^;)

f:id:sheepX:20171112191513j:image

今年の目標と振り返り

今年の初めは、トランプ相場による急上昇で始まりました。

爆走ひつじは、基本的に自動積立で投資信託を購入しています。

ただ、例外的に今年始めはまとまった資金があり、不安定な相場に一気に投入するのがためらわれたため、この分については相場が落ちた所で、少しずつ投資信託を買い増ししていく作戦をとってみました。

北朝鮮のミサイルや核実験もあり、不安定な局面で買い増しするチャンスを利用できました。

しかし、2017年も終わりに近づき振り替えってみると、結局買い増しした投資信託は、年初に予定していた買増し予定額の半分という結果です...

まとまった資金がある時もドルコスト平均法で機械的な買増しがいいかも

毎月一定額を積立を長期間で、というのが基本ですが、ある程度の手持ちがある場合の方法論は、あまり分かっていませんでした。

遊ばせて置かないで出来るだけ早く(1年以内ぐらいで)運用に回す事を考えるべきなのは、分かっていたのですが、いざそうなるとなかなか難しいですね。

今思えば、投資したい額を均等に12分割し、毎月機械的に(自動で)買い増ししていくのが、良かったと反省中です。

 

最後に

この先は、この急上昇フェーズの様子を見て、今年投資出来なかった分を半年~1年でドルコスト平均法で積立投資していく予定です。

まだまだ、勉強が足りないと思い知らされた出来事でした。

また、よろしくです❗️

iPad

こんにちは、爆走ひつじです。

久しぶりにガジェット系のネタです。

前にも書きましたが、このブログは、ほぼiPad Pro+Appleペンシルで書いています。

約2ヶ月ほど使って来ましたが、一昨日、文章を書いている時にガリッとやってしまいました。

良くみると既に画面に多数のキズがついています。

実際には、液晶画面保護フィルムを貼っているので、シートの表面にキズがついただけですが結構ショックです。

液晶画面保護フィルムを貼り替える面倒さに、胸が張り裂けそうな想いです。(^_^;)

取り替え時

写真の左が新品、右がガリッとやったペン先です。

並べてみると、古い方は尖った形になっているのが分かりますが、単体で使っているとなかなか分からないです。

色が変わってお取り替えサインが出てくれると良いのですが...
f:id:sheepX:20171111223103j:image

ペン先ってこんなに早く減るものなんだと感心しつつ、 2ヵ月に1回は取り替えないとだめだな~と軽い気持ちでAmazonへ...

(3分後)

...沈黙

高い...

...沈黙

高い...

ペン先4個で、2500円...

...とりあえず、Appleペンシルにペン先の予備が1個付いてきたので、まずは、それで様子見ようかな...

慣れてなかったので、筆圧が強過ぎたかなぁ~と、妙な言い訳を自分にして、購入を保留しました

 代用手段

手書きメモアプリなど、Appleペンシルならではのアプリケーションを使うときは、Appleペンシルが必須ですが、Mazec(手書き入力IME)で、文字を書く時は要らないかもという事で、安価な静電容量式のペンを急遽購入して試行中です。

このブログも、静電容量式のペンで書いています。

以下の理由で、書き易さはAppleペンシルに軍配が上がります。

  • ペン先が柔らか過ぎ
  • ペン先が太い

しかし、5分ぐらいである程度は慣れてきます。

逆に良い点もあります。

  • 静かに文章が書ける
  • 充電を気にしなくて良い
  • テーブルの上で転がらない

3つ目は半分冗談ですが、1つ目は、“目から鱗な“発見でした。

Appleペンシルで文字を書いていると、結構カツカツ音がします。

静かな場所だと結構気を使っていたので、静電容量式ペンも併用していこうと思っています。

 

最後に

iPad Proを買って最初はアプリケーションやケースで色々悩みましたが、最近は落ち着いてきたので、あまり意識せず使っていました。

Appleペンシルのペン先問題は、久し振りにiPadの使い方を見直す良い機会でした。

静電容量式ペンも寿命がありそうですので、今後、比べて行きたいと思います。

また、よろしくです❗️

 

アドセンス

こんにちは、爆走ひつじです。

このブログは、Googleアドセンスを利用させて頂いています。

まだまだ分かっていない事も多く、試行錯誤していますが、最近、見つけた設定について情報共有したいと思います。

格安SIMユーザーとしての悩み

爆走ひつじは、普段、格安SIMを入れたスマホを使っています。

外出先で、iPadを使うときは、テザリングを使ってスマホ経由で、インターネットにアクセスしています。つまり、iPadは、Wi-Fi経由でのアクセスになります。

最近、動画広告が増えてきましたが、Wi-Fi経由でのアクセスと見なされると、結構な確率で、動画広告が無慈悲に流れてきます。

動画広告なんて流すなよぉ~と、ブツクサ呟いてますが、ふとチェックした、このブログサイト(世の中から取り残された感のあるひつじの日記)から、動画広告が流れて来たときは、涙が止まりませんでした。

Googleアドセンスで動画広告を配信しないための設定

  • サイドメニューの「広告の許可とブロック」をクリック
  • 表示されたサブメニューの「すべてのサイト」を更にクリックすると、「すべてのサイト」画面が表示されます。
  • 画面上部の「広告配信」タブをクリックします。
  • 「アニメーションディスプレイ広告」、「VPAID広告」をOFFにします。

f:id:sheepX:20171111221513j:image

 

最後に

今回の設定で十分かは確信が持てていませんが、概ね効果がありそうです。

全てを不許可にするのは簡単ですが、パケットに優しく、ブログ記事を読むのに邪魔にならない、面白広告は期待したいので、今後、様子を見ながら調整していきたいと思います。

また、よろしくです❗️

投資信託

こんにちは、爆走ひつじです。

今日は、SBI証券で、現在保有している投資信託の保有状況やリターンを分析する方法をまとめてみたいと思います。

SBI証券を利用し始めて困ったこと

SBI証券は、爆走ひつじがメインで利用させて頂いている証券会社です。

取り扱っている投資信託の種類が豊富で、手数料も低く抑えられており非常に助かっています。

しかし、1点悩みがありました。

保有している 投資信託の個々のリターンを調べたり、時系列で並べて分折したり、評価金額の変動により、現在のポートフォリオがどうなっているかの分析の仕方が良く分からないことです。

楽天証券は、それ程使い込んだ訳ではないのですが、この辺りのツールが充実している印象があります。

分析方法

(l)SBI証券のホームページにログインし、「 口座管理」ボタンをクリックします。

(2)サブメニューの「トータルリターン」をクリックすると、保有している投資信託のサマリが表示されます。

f:id:sheepX:20171105225050j:image

(3)さらに、「保有中」をクリックすると、保有している投資信託毎のリターン等を確認する事ができます。

f:id:sheepX:20171105225053j:image

ただ、表示できる情報はここまでで、時系列で並べて分折したり、評価金額の変動により、現在のポートフォリオがどうなっているかの分析はできません。

ここから先は、生データをダウンロードして、自分で分析しなければいけません。

(4)そのために、トータルリターンの表の下にある「CSVダウンロード」というリンクをクリックします。クリックすると、CSV形式(カンマで数値を区切ったテキストデータ)がダウンロードできます。

(5)ダウンロードしたCSV形式のデータは、MSのエクセルや、AppleのNumbersで開きます。

この辺りは、iPadではまだ使い勝手が良くないので、素直にパソコンでやる事をおすすめします。

CSVには、指定した期間の各投資信託について以下の情報が含まれています。

残念ながら、各投資信託の資産構成はこの情報には、含まれていないため、各投資信託の「月間レポート」などを参照する必要があります。

保有状況 ファンド名 口座種別 注文種別 評価金額 前年末評価金額 売却金額 分配金額 買付金額 手数料 トータルリターン(円) トータルリターン(率)

 

最後に

SBI証券を利用させて頂いていますが、保有資産の分析機能は今後充実してもらえたらと感じています。

今後、つみたてNISAも始まり、初めて投資をチャレンジする人にも増えてくることが考えられ、初心者にも親切になっていくと、日本の投資人口も増えていくのではないでしょうか。

また、よろしくです❗️

NISA/積立てNISA/ジュニアNISA

こんにちは、爆走ひつじです。

前回に引き続き、楽天証券のつみたてNISA商品を比べて行きたいと思います。

バランス型は、自動的にリバランスを行ってくれることから、ほったらかしにしておくには便利なタイプです。

f:id:sheepX:20171104184112j:image

8資産均等型

 eMAXIS Sでおなじみとなった8資産均等型です。今では、複数のファウンドから低コストで出ています。

eMAXISオリジナルのファンド以外は、信託報酬が0.2376%と低く抑えられており、かつ信託財産留保も設定されていません。SBI証券と比べると三菱UFJ国際投信が無かったりしますが、これだけそろっていれば、充分でしょう。

委託会社 ファンド名 信託報酬 信託財産留保額
三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 0.2376% -
大和証券投資信託委託 iFree 8資産バランス 0.2376% -
アセットマネジメントOne たわらノーロード バランス(8資産均等型) 0.2376% -
三菱UFJ国際投信 eMAXIS バランス(8資産均等型) 0.54% 0.15%

任意バランス型

正直、8資産均等型と比べると、凄く低コストという感じなのは少ないです。

SBI証券と比べても、少しバリエーションが少ないです。今後、徐々に低コスト商品が追加されていくことを期待したいです。

「eMAXIS 最適化バランス」シリーズは、(最大)8資産を均等ではなく、リスクが取れる具合に最的化した商品です。リスク(攻め具合)をサッカーのポジョンに例えて、若い世代に親近感を持ってもらう作戦でしょうか。

前述の8資産均等型は、他のファンドと組み合わせて好みのポートフォリオを組む必要がありますが、このシリーズは(自分に合ったポートフォリオが見つかれば)その1本を買い続けるだけでリバランスの手間は不要です。信託報酬が0.54%と悪くなさそうですが、ポジョンによっては、純資産が数億円とこれから順調に増えていくかを見極めてからが良いでしょうね。

委託会社 ファンド名 信託報酬 信託財産留保額
三井住友アセットマネジメント 三井住友・DC年金バランス30(債券重点型) 0.2376% -
三井住友アセットマネジメント 三井住友・DC年金バランス50(標準型) 0.2484% -
三井住友アセットマネジメント 三井住友・DC年金バランス70(株式重点型) 0.2592% -
ニッセイアセットマネジメント <購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型) 0. 3672% -
三菱UFJ国際投信 eMAXIS バランス(4資産均等型) 0.54% -
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 最適化バランス(マイゴールキーパー) 0.54% -
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 最適化バランス(マイディフェンダー) 0.54% 0.05%
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 最適化バランス(マイミッドフィルダー) 0.54% 0.05%
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 最適化バランス(マイフォワード) 0.54% 0.05%
三菱UFJ国際投信 eMAXIS 最適化バランス(マイストライカー) 0.54% 0.05%
三井住友トラスト・アセットマネジメント 世界経済インデックスファンド 0.54% 0.10%
野村アセットマネジメント 野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型 0.54% 0.20%
野村アセットマネジメント 野村インデックスファンド・海外5資産バランス 0.648% 0.20%
損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント ハッピーエイジング・ファンド ハッピーエイジング 40 1.3824% -
損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント ハッピーエイジング・ファンド ハッピーエイジング 30 1.566% -

 

最後に

ざっと楽天証券のNISA商品をチェックしてきました。

SBI証券も楽天証券もこれから取り扱い商品が増えていくと思いますが、SBI証券の方が若干取り扱い商品が多いかなと印象です。とはいえ、定版商品は揃っており、どちらの証券会社を選んでも困ることはなさそうです。

楽天証券は、楽天ポイントで投資が出来たりして、SBI証券にはない利点があるので、この辺りもチェックして行きたいと思います。

また、よろしくです❗️

過去の記事もどうぞ。

blog.sheepx.biz

blog.sheepx.biz

blog.sheepx.biz

blog.sheepx.biz

blog.sheepx.biz