iPadの手書きアプリを比べてみた(GoodNotes4編)

2019年7月20日

 

こんにちは、爆走ひつじです。

今回は、GoodNotes4をレビューしてみました。

GoodNotes 4

GoodNotes 4

  • Time Base Technology Limited
  • 仕事効率化
  • ¥960

GoodNotes4は、手書き入力アプリとして人気のあるソフトの1つです。

特徴

  • Apple Pencilの追従性は問題ありません。思い通りに自由に書けます。
  • SplitViewにも対応しており,基本機能にぬかりなしです👍
  • 最大の特徴は、囲んだ範囲の手書き文字を認識し、テキストに変換できることです。認識率はまあまあだと思います。さすがに他のアプリからインポートした手書きメモは変換する事ができないです。
  • スクロール(紙送り)の方向は、右方向です。ノートをパラパラめくる感じで読めます。

 

良い点

複数メモの同時オープン

複数のドキュメントをタブで切り替えながら、文書を書くことができます。

図形描画の補助機能

直線、三角形、円を書いた時に、綺麗な形に変形してくれます。

模式図を書くのに便利です❗️

f:id:sheepX:20170925221941j:image

イマイチな点

ノート表紙のデザイン

新規にノートを作成するときに、表紙が作られます。個人的には要らないので毎回削除しています。

さらに、個人的には、この表紙のデザインがイマイチです。

新規ページの追加

イチイチメニューから、➕ボタンで追加しないといけないので、急いでメモを取っているときに、ロスタイムが発生します。慣れれば何ともないですが。

一言

Notabilityと負けず劣らずの完成度だと思います。

機能的には、GoodNotes4に軍配が上がりますが、出来上がったノートのデザインは、Notabilityが好みです。どちらを選んでも、後悔は無いと思います。

また、よろしくです。

過去のレビューもどうぞ。

blog.sheepx.biz

blog.sheepx.biz